スポンサーサイト

0
    • 2013.10.02 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク
    この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
    新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

    アルテマドラゴン。

    0
      MAXも終わり、新シーズンへの期待と不安が入り混じる時期が今年もやってきました(白目

      MAXで公開された新カテゴリ「アルティメット」については、皆さんの関心も高いことと思います。

      というわけで、今回はアルティメットについての考察。





      まずは、現時点で判明しているカードから、共通点を抜き出します。


      ・スピリットではない

      この特徴により、スピリットを対象にした効果を受けません。
      また、重装甲などのアンタッチャブルの対象外であるため、問題無くぶち抜くことが可能。
      反面、スピリットを対象にしたサポートを受けられず、ブレイヴと合体することも不可能。

      他にも、シユウなどのスピリットに限定されたアンブロッカブルをブロックできるという利点も。
      ただし、ライフドリームなどの限定の無いアンブロッカブルは止められないので注意。



      ・LVが3からスタート

      まず目につくのはBPの高さでしょう。
      同コスト帯のスピリット達が度肝を抜かれるような高BP。
      マギアなどのルール干渉型のLV参照効果にも影響を及ぼします。



      ・Uトリガー

      相手のデッキトップをトラッシュ送り(≠破棄)にし、送ったカードのコストがこのアルティメットより低ければうんたら。
      発動に確実性が無く、相手のデッキに依存しやすいので、何とも扱いにくい。
      一応ドリームチェストとのコンボもあるにはあるが…。

      まあこれだけの制約があるので、後々トンデモ効果がでてくるに違いない。



      ・召喚条件

      今のところ「同色スピリットがいるとき」という条件のみ。
      イグアなどを多めに採用すれば、他色のアルティメットを採用可能。
      そのうちバリエーションも増えそう。



      ・金シンボル

      他のカードのコスト軽減に使えません。
      維持コアの分を考慮すると、かなり不自由なコア運用を強いられそうです。





      うーん、どうにも扱いにくい感は拭えない。
      まあまだ最初なので何とも言えませんが、そのうちブレイヴやバーストみたいに環境に食い込んでくるはず。

      でもケルベペンドラや、ヤマト西郷劉備みたいな環境ぶち壊しカードは流石に勘弁して欲しい。



      どうでもいいけど、アルティメットって長いよね。
      実際のプレイでは「アルテマ」って言えば伝わると思います。

      ガンスリ要注意カード考察2

      0
        前回の続き。
        メタに対するメタを考えます。



        まずは前回で挙がったメタカードを確認。

        赤:犬、フェニキャ
        紫:ディエゴ、インプ、ハクジャ、ペンドラ、ソウルリッパー
        白:ザウラー、氷窟、御盾
        黄:アラトロン、乙女座、冠
        青:サペ、アイヴァン、アトライア

        これらを更にメタるわけですが、少ないカードでできるだけ広範囲をカバーできるカードは採用されやすい。

        以下から緑メタメタとして採用される可能性のあるカードを考えます。



        ・フェニキャ
        序盤にスピリットを除去してペースを握る。
        紫や黄によく刺さり、白や青のネクサスも割れる。
        ミラーでも力を発揮するので、比較的採用される可能性の高いカード。



        ・ペンドラ
        言わずと知れたアドの塊。
        フェニキャと同様相手の土台を壊すカードでありながら、自分の土台にもなる。
        白以外には大抵刺さるが、既に勢いが付いた相手には効きにくい。



        ・巨大迷宮
        フェニキャペンドラサペ等の除去回避は勿論、紫3コスや緑ミラーも。
        2コスビートや紫速攻のアタックを止める役目も持てます。



        ・ソウルリッパー
        メタ重視で組む場合、青の比率が高まりそうなので。
        紫の緑メタスピリットを処理しやすく、軽さも相まってかなり使いやすい。
        厄介度が増しつつあるシユウを処理できるので、採用される可能性は十分にあるでしょう。



        ・轟招来
        2コスビートや紫に刺さりやすい。
        アイヴァンを確実に処理できますが、ややピンポイント気味。



        ・三段突
        ザウラー対策は勿論、各種フィニッシャーを除去。
        赤や白にはバイソンで防がれる可能性があります。
        幅広く対応できる反面シンボルの確保が難しく、緑のコアブを持ってしても決して撃ちやすいわけではありません。



        ・闇青剣
        タッチマジック封じ。
        気弾ソウルリッパー燕などのブレイヴ割り、絶甲デルバなどのやり過ごしは、どのデッキでも採用の可能性があるカード。
        北斗とセットで採用されそう。





        可能性が高そうなのはこの辺りでしょうか。
        今回はここで一区切り。
        次回で、これら緑メタメタを更にメタっていきます。

        ガンスリ要注意カード考察

        0
          関東CSまで後72時間を切りました。
          そんな中あまりデッキが煮詰まってない私。
          骨組みは大体できてるので、あとはどう肉付けするかって状態です。



          …そんな装備で大丈夫か?





          まあそんな状態なんで、ガンスリの要注意カード考察をしようと思います。
          私自身もまだ整理できてないので、個人的なメモみたいになりますが。





          ・オニクワ
          大分対策も進んだ感じはしますが、まだまだ警戒は必要。
          後1アタックを止めればリズムを崩しやすいので、初手で処理するのがベスト。
          最悪でも相討ちか、返しのターンにブレイヴが付く前に処理したいところ。
          アタックをガッチリ止められるならそれもよし。

          赤:犬、神撃覇、フェニキャ
          紫:インプ、ペンドラ
          緑:メイパ
          白:シーマ、サンク、氷窟、御盾、絶望壁、猫騙し
          黄:執事、ズラ、冠
          青:サペ、アトライア、アイヴァン、ソウルリッパー、轟招来



          ・蟹

          登場から2年以上経った今でもフィニッシャーとして君臨する長老。
          環境に左右されにくく、緑のコンセプトにぴったりマッチしてることが長生きの秘訣。
          オニクワ同様、止められないと敗北に直結しかねません。
          アタックを止めることは難しいので、アタックに対してどう動くかが攻略の鍵。


          赤:気弾、爆炎撃
          紫:インプ、打神鞭
          緑:出る前に勝て
          白:ザウラー、御盾、三段突
          黄:乙女座、スティールハート
          青:アトライア、アイヴァン



          ・蜂
          コアブ、疲労、回復と全てが噛み合うスピリット。
          回復とアタックの間にフラッシュが無いので、連続アタックを止めにくい。
          ウスバの貫通でも回復するので、場合によってはマジックでの自壊も必要。

          赤:テリジーノ、
          紫:ディエゴ、インプ、ハクジャ、レベルドレイン
          緑:出る前に
          白:シーマ、ザウラー、三段、御盾
          黄:アラトロン、乙女座、冠、スティールハート
          青:アトライア、アイヴァン



          ・ネロシードラ
          マジック封じで雁字搦めにされるので、スピリットかネクサスで対策する必要がある。
          対策が難しい分速度は落ちるので、出る前に決着させるのが理想。

          赤:
          紫:ジャコウ
          緑:出る前に
          白:ザウラー、五角形の砦
          黄:アラトロン、乙女座
          青:アトライア、アイヴァン



          対緑はこんなところ。
          逆に緑もこれらを意識した構築をするはずなので、それを次回で。

          カード考察:レベルドレイン

          0
            久しぶりのカード考察は、昨日の決勝で決め手になったレベルドレイン。
            あまりにも悔しいから考察ネタにして自分の糧にしてやろうという不純な動機w



            レベルドレイン/Level Drain
            マジック 3(3)/紫
            フラッシュ: 相手のスピリット1体の上のコアを、1つ下のLvコストと同じになるように 相手のトラッシュに置く。



            6弾のカード。大分古いですね。まだセレンが紫のアイドルだった頃。

            3コストで最大軽減で0コアという、紫には嬉しい軽さ。
            対象スピリットのLVコストに依存するので、安定しているとも不安定とも言えるでしょう。
            トラッシュ送りなので、相手のアタックステップで使えば反撃に出やすいのが大きな利点。
            類似カードにあたるクリクラの方が安定はしていますが、やはりコストの重さがネック。
            コンボ前提のアドを取れない効果なので、明確な仮想敵を決めなければ採用には至らないタイプのカードと言えます。
            良くも悪くも「紫らしい」カード。


            では、レベルドレインの仮想敵とは?
            私が考えるに主に緑、マグー、西郷、ガルード辺りではないかと。

            緑にはレベル3を持たないスピリットが多く、ほとんどの場面でクリクラと同等の威力を発揮できます。
            特に蜂にはコアが集中しやすく、連続アタックを止めながら反撃の芽を潰すことができます。
            他にもゴクラクダンデオニクワリオック、更には蟹などにも刺さり、幅広いスピリットに対応できます。
            バーストや返しのペンドラなどで一気にペースを掴めます。

            マグーに対しては、マグーが狙い目。
            こちらも性質上コアが集中しやすく、一枚で大量のコアをトラッシュ送りにできます。
            マグー特有の手札加速と篭城作戦に対して、キツく突き刺さる一枚。

            西郷ガルードに対しても有効。
            西郷のデッキ破棄は止められませんが、やはり性質上コアが集中しやすい。
            特にコアの少ない序盤に出てきたLV2西郷が狙いやすいでしょう。

            ガルードはLV3を持たず、疲労によるデッキ破棄も止められるようになります。
            併せて採用されやすいバラガンに対してもやや刺さります。



            考察してみると、結構メジャーなスピリットに刺せることがわかりました。
            ただ、これを採用するとどうしても速度落ちはするでしょうから、ドローやヴァルレオ対策で補う必要がありそう。

            カード考察:ツルギデッキ

            0
              あ、どうもお久しぶりです。入院してます。


              まあそんなどうでもいい話は置いといて、早速考察に参りましょう。



              ツルギデッキ【シャイニングチャージ】


              ●概要

              一言で言うと、脳筋焼きデッキ。
              新キーワード能力【強化】が中軸となっており、赤の象徴的効果であるBP焼きでコントロールする構成。
              あらゆる意味で「赤らしい」デッキと言えるでしょうw



              ●個別考察


              ライト・ブレイドラ
              スピリット(光)
              0(0)/赤/星竜
              <1>Lv1 1000 <3>Lv2 2000 <5>Lv3 3000
              Lv1・Lv2・Lv3【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              シンボル:赤


              みんなのアイドルブレイドラがリメイクされて帰ってきた!
              コストの軽さはそのままに、LV1からの【強化】を得たことで、軽減要員以上の働きができるようになりました。
              サポートの多い星竜になったのも大きな進化。
              赤ウィニーにおける必須カードとなるでしょう。



              グローリー・ガードラー
              スピリット(光)
              1(1)/赤/星竜
              <1>Lv1 1000 <2>Lv2 2000
              Lv1・Lv2『このスピリットのアタック時』
              このスピリットをBP+2000する。
              Lv2【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              シンボル:赤


              0コア召喚可能な1コスの強化持ち星竜。
              アタック時BPは実質3000/4000ですが、残念ながら今の環境ではそれがどうしたという感じ。
              【強化】もLV2からな上にLV3が無いなど、正直邪魔かなあという。
              後述のチャージドローを沢山積む場合は採用の価値があるでしょう。



              ミラージュ・ワイバーン
              スピリット
              2(1)/赤/星竜
              <1>Lv1 2000 <2>Lv2 3000 <5>Lv3 4000
              Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
              自分はデッキから1枚ドローする。
              シンボル:赤


              星竜版サラマントル。
              LV3BPが低いですが、星竜であるのはその欠点を補って余りある利点。
              星竜スピリットは比較的ドローが苦手なので、このデッキにおいても重要な潤滑油のはずなのですが、何故か収録枚数は2枚…汚い。



              蒸気竜シースモーカー
              スピリット
              2(2)/赤/星竜
              <1>Lv1 1000 <3>Lv2 2000
              Lv1・Lv2『このスピリットの破壊時』
              BP4000以下の相手スピリット1体を破壊する。
              シンボル:赤


              2コス版ボルガメス。
              0コア召喚が可能なので、少なくともボルガメスとは相互互換と言えるでしょう。
              最近は赤の2コスが充実してきたので、赤で2コスビートを作ることも可能になったのではないでしょうか。
              もしかしたらボルガメスよりも見かけるスピリットになるかも。



              ブロンズ・ヴルム
              スピリット(光)
              3(2)/赤/星竜
              <1>Lv1 3000 <3>Lv2 5000 <5>Lv3 8000
              Lv1・Lv2・Lv3【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              シンボル:赤


              強化持ち3コス星竜。
              さながらサイズアップしたライブレといったところ。
              BPが高く、ヴルムを冠しているので、ライジング軸の星竜デッキでは扱いやすいアタッカーになれるでしょう。
              フェニキャとも好相性で、先行2Tにネクサスや5000を焼きながら6000が激突してくるのはかなりの脅威。



              モン・ドスーン
              スピリット
              3(3)/赤/星竜
              <1>Lv1 3000 <2>Lv2 5000 <3>Lv3 6000
              シンボル:赤


              あ、はい。



              火焔竜ファイアーストーム
              スピリット
              4(2)/赤/星竜
              <1>Lv1 3000 <3>Lv2 5000 <5>Lv3 7000
              Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
              BP3000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
              シンボル:赤


              アタック時焼き持ち星竜。
              単体ではイマイチの性能ですが、小型【強化】持ちの多いこのデッキではそれなりに強力。
              BPがそれなりに高いので、フェニキャつければそれなりの制圧力になります。
              4コスのアタック時焼き持ちはそれなりに貴重ではありますが、扱いやすさもそれなり。



              ドラゴン・アンヌラー
              スピリット(光)
              4(2)/赤/星竜
              <1>Lv1 3000 <2>Lv2 4000
              Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
              【強化】を持つ自分のスピリットすべてをBP+2000する。
              Lv2【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              シンボル:赤


              【強化】持ちをパンプする星竜。
              特に解説すべき点も無いので終了。



              サンピラー・ドラゴン
              スピリット(光)
              4(3)/赤/星竜
              <1>Lv1 2000 <3>Lv2 5000
              Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
              自分のトラッシュにある系統:「星竜」を持つスピリットカード/ブレイヴカード1枚を手札に戻す。
              Lv2【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              シンボル:赤


              星竜限定のヤシウム。
              回収対象は限定されましたが、軽減とBP上昇、更にはLV2から【強化】を持ちます。
              ダストワール(後述)というお誂え向きのブレイヴも同時収録されているので、このデッキではなかなか扱いやすいと思います。シンボルが欲しければバル・ガンナーやジーク・ブレイヴを。



              荒天竜スーパーセル・ドラグーン
              スピリット
              5(2)/赤/星竜
              <1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000 <5>Lv3 7000
              Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
              BP4000以下の相手のスピリット2体を破壊する。
              Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
              【強化】を持つ自分のスピリット1体につき、このスピリットをBP+2000する。
              Lv3『このスピリットのアタック時』
              相手のスピリット1体を指定し、そのスピリットにアタックできる。
              シンボル:赤


              コントロールに特化した5コス星竜。
              【強化】スピリットとの併用が前提のデザインにも関わらず、軽減が2しかないのでやや重く、どうしても扱いにくさを払拭できません。
              そもそも指定アタックしたいならばライジング使えばいい話ですし、あちらは単体運用が可能なので安定しています。
              軽減がもう一つあれば評価は各段に上がったんですがね…残念。



              輝龍シャイニング・ドラゴン
              スピリット(光)
              6(3)/赤/星竜
              <1>Lv1 5000 <3>Lv2 8000 <4>Lv3 11000
              Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
              自分の手札にある赤のブレイヴカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
              Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
              BP5000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
              Lv3【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              シンボル:赤


              三つのメリット効果を持つ6コス星竜。
              一つ目の効果は劣化北斗なので、踏み倒しが目的なら北斗を優先しましょう。
              残り二つの効果が肝で、単体で【強化】を活用できるアタック時焼き。
              【強化】持ちを使わない場合は北斗を優先した方が安定するので、三つの効果全てを活用できる構成にすべきでしょう。
              セントロ辺りを踏み倒してLV3でアタックするのが最もベターな流れでしょうか。



              ダストワール
              ブレイヴ
              3(2)/赤/星竜・機竜
              <1>Lv1 3000 <0>合体+3000
              Lv1『このブレイヴの召喚時』
              相手のネクサス1つを破壊する。
              合体条件:【強化】を持つ
              【合体時】『このスピリットの合体アタック時』
              BP3000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
              シンボル:なし


              【強化】持ち専用ブレイヴ。
              召喚時にネクサスを割れ、アタックで実質4000以下を焼けるので、【強化】デッキにおいては高い汎用性を持ちます。
              通常のコスト指定が無いので【強化】デッキ以外で採用できないのが残念。



              輝きの聖剣シャイニング・ソード
              ブレイヴ(光)
              7(3)/赤/剣刃
              <1>Lv1 5000 <0>合体+5000
              Lv1『このブレイヴの召喚時』
              BP3000以下の相手のスピリットすべてを破壊し、破壊したスピリット1体につき、自分はデッキから1枚ドローする。
              Lv1【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              合体条件:コスト5以上
              【合体時】【強化】
              自分の「BP破壊効果」の上限を+1000する。
              シンボル:赤


              レオン・ハウルのブレイヴ版。
              自身が【強化】を持つので、実質4000以下破壊+ドローという超ウィニー殺し性能。
              他に強化持ちがいれば更に大量ドローの期待が高まりますが、コストが高いので西郷は警戒しておきましょう。ドローとあわせて結構な量を削られます。
              やはりシャイニングドラゴンが最良の相方なのですが、シャイニングドラゴンにとっては別に最良ではないという微妙な関係。


              噴き上がるマグマの星都
              ネクサス
              3(2)/赤
              <0>Lv1 <2>Lv2
              Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
              系統:「星竜」を持つ自分のスピリットすべてをBP+2000する。
              Lv2『お互いのアタックステップ』
              自分のスピリットの効果で相手のスピリットを破壊したとき、自分はデッキから1枚ドローする。
              シンボル:赤


              星竜サポートネクサス。
              パンプ効果はさておいて、ドロー効果は星竜にとっては有用。
              ただしスピリットの効果でしかドローできないので、パンプ効果とあまり噛み合ってません。
              ドローしたいなら三札や双翼の方が安定します。



              天目指す竜射台
              ネクサス
              4(3)/赤
              <0>Lv1 <1>Lv2
              Lv1・Lv2
              相手のスピリットのアタックによって自分のライフが減ったとき、アタックしたBP5000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
              Lv2『自分のアタックステップ』
              【強化】を持つ自分のスピリットが相手のスピリットを破壊したとき、相手のネクサス1つを破壊する。
              シンボル:赤


              対小型と対ネクサスを兼ねるネクサス。
              【強化】とのコンボが前提のデザインですが、その中では比較的扱いやすい部類。
              シャイニングドラゴンやダストワールとの相性が特に良いのですが、ネクサス割りは自分のアタックステップ限定なので間違えないように。



              ツインフレイム
              マジック
              3(1)/赤
              フラッシュ:
              BP2000以下の相手のスピリット2体を破壊する。


              非常にシンプルな破壊マジック。
              これも【強化】前提の調整と言ってもよく、単体では紙切れ。
              最低2体いなければサジッタ未満で、どう足掻いてもサジッタ以上の汎用性は得られないので、サジッタでおk。



              ファイアーウォール
              マジック
              4(赤2青1)/赤
              フラッシュ:
              自分の赤のスピリット1体を破壊することで、このバトルが終了したとき、アタックステップを終了する。
              この効果は、相手のアタックステップでしか使えない。


              サイレントウォールの赤互換マジック。
              最大軽減で1コアなので、タッチのサイレントや絶甲でスピリットを落とす可能性を考えれば、スピリットの犠牲はほぼ同等と言ってもいいでしょう。
              ただしこちらは犠牲が条件なので、ボルガメスなどと併用しない限りは絶甲やサイレントで十分。



              チャージドロー
              マジック
              5(3)/赤
              メイン:
              自分はデッキから2枚ドローする。
              その後、自分のデッキを上から2枚オープンし、その中の【強化】を持つスピリットカード/ブレイヴカードすべてを手札に加える。
              残ったカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
              フラッシュ:
              このターンの間、スピリット1体をBP+3000する。


              恒例となったエクストラドロー互換マジック。
              強化専用ですが、4ドローの可能性があるのは他のマジックに無い利点です。
              軽い【強化】持ちがもっと増えれば、本格的に【強化】でウィニーができると思います。
              今後の【強化】持ちに期待。





              ●総評

              序盤に小型中型で除去しながら殴り、【強化】持ちを貯めて荒天や社員で一気にアド取ってフィニッシュというのが理想の流れ。
              スピリットがやや軽めにまとまっており、赤の特長を活かしやすい構成です。
              装甲+疲労ブロッカーで簡単に止まるので、実戦級には数歩及ばないか。



              ●改良案

              まずはデッキの方向性をもっとハッキリさせましょう。
              北斗やライジングを投入して、決定力を上げる形が恐らく最もベターかと。
              3コスのヴルムが登場したので、ダークヴルムなどと併用してメテオストームを勝ち筋にするのも面白いですね。
              このデッキの改良にはかなり個性が強く表れそうです。

              因みに私は北斗赤を採用して、紫ブレイヴでアンタッチャブル対策する構成にする予定。
              オールトと炎の楽園で軽減を増やし、同時にドローエンジンとスピリット回収手段を得れば楽しくなれそうなのでw
              あとはライジングと新弾の赤Xを入れれば完璧。

              カード考察:覇王編4弾青その2

              0
                書きためていたのに投稿するのをすっかり忘れてましたw
                という訳で、凄まじい今更感を漂わせつつ、剣舞う世界の考察です。



                オリクス盗賊団/OryxThievs
                スピリット
                1(1)/青/獣頭
                <1>Lv1 2000 <2>Lv2 3000
                シンボル:青


                1コスバニラ。
                LV2が2コアというのは青では珍しいですが、ウィゼーブを差し置いて採用する価値があるかは疑問。



                戦獣キャメルーン/The BattleBeast Camerune
                スピリット
                2(1)/青/戦獣
                <1>Lv1 2000 <2>Lv2 3000 <4>Lv3 5000
                Lv1・Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
                自分のスピリットが3体以下の間、このスピリットをBP+2000する。
                シンボル:青


                ティラノイドのようなパンプ効果を持つスピリット。
                エゾノやモノケロックの素のLV3BPを超えられるので、2コスビートに仕込むのも一興。



                ランテゴス/Rhantegoth
                スピリット
                4(3)/青/異合
                <1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000 <4>Lv3 7000
                Lv1・Lv2・Lv3
                相手がバーストをセットしたとき、
                ボイドからコア1個を自分のスピリット/ネクサスに置く。
                シンボル:青


                相手のバーストセット時にコアブできる異合。
                他のスピリットやネクサスに置けるので多少は融通が利きます。
                軽減が多く、BP効率も良好なので、異合デッキにとりあえず突っ込んでおくだけでも役立つでしょう。
                相手の動きに依存する点をどう解消するかが問題。

                まぁしかし、異合はLV1維持コアが多いという法則はどこに消えたんでしょうね。
                あれか。ニャルラに埋められたとかそんな感じか。あいつも異合だしな。



                青玉の海竜シュトロドーム/The SapphireHydra Shtrodorm
                スピリット
                7(3)/青/海首
                <1>Lv1 5000 <2>Lv2 6000 <5>Lv3 10000
                Lv1・Lv2・Lv3【粉砕】『このスピリットのアタック時』
                相手のデッキを上から、このスピリットのLvと同じ枚数破棄する。
                シンボル:青青


                粉砕ダブルシンボル。
                粉砕ビートでは出番があるかもですが、それなら素直にオリゴレを使った方が…。



                開かれた岩扉/The Opened Rock Door
                ネクサス
                3(1)/青
                <0>Lv1 <1>Lv2
                Lv1・Lv2『お互いのアタックステップ』
                コスト0/3/6のスピリットはブロックできない。
                Lv2『お互いのアタックステップ』
                系統:「雄将」を持つ自分のスピリットがBPを比べ
                相手のスピリットだけを破壊したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
                シンボル:青


                ブロック抑制と雄将用コアブネクサス。
                コスト3と6と言えば、エゾノやモノケロック、サンクなどの無限ブロッカー。
                モノケロックには装甲で防がれますが、これらを恒常的に機能停止に追い込めるのは強力。

                LV2効果はロード犬やフェニキャとの相性が抜群。
                どちらも赤白軽減なので、後は自ずとデッキ像が浮かぶはず。
                維持コアが軽いのが素晴らしい。



                願い叶えるランプ/The Lamp of Wish
                ネクサス
                4(2)/青
                <0>Lv1 <1>Lv2
                Lv1・Lv2『相手のアタックステップ』
                ステップ開始時、自分のスピリットが2体以下のとき、
                相手は、回復状態の相手のスピリットが3体になるように相手のスピリットを疲労させる。
                Lv2
                自分の[ロック・アラディン]すべては、相手のスピリット/ブレイヴの効果を受けない。
                シンボル:青


                劣化巨人港とも言える遅延ネクサス。
                スピリットが並ばないデッキが、スピリットを並べるデッキの対策に採用する可能性もあるかもしれない、レベル。
                LV2効果も考えると、完全にアラディンデッキ用ですね。



                アブラカダブラ/Abrakadabra
                マジック
                3(1)/青
                【バースト:相手の『このスピリット/ブレイヴの召喚時』発揮後】
                このターンの間、相手は、召喚時効果を発揮したスピリット/ブレイヴの色と
                同じ色のマジックカードは使用できない。
                その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
                フラッシュ:
                『このスピリットの召喚時』効果を持つスピリットすべてを疲労させる。


                バーストで限定的なマジック封じと、フラッシュで召喚時効果持ちを全疲労させるマジック。
                タッチマジックの横行する現環境では、色限定で縛っても効果は薄いでしょう。
                フラッシュ効果との噛み合わせを考えると、姫ループ対策がせいぜい。





                さて、簡潔ではありますが、以上で剣舞う世界の全てのカードの考察が終了しました。
                シングル価格を見れば分かりますが、Xでも軒並み1500円を切るという、異常にショボいラインナップ。
                案の定環境は殆ど変化してないようなので、5弾の発売時期はかえって適切なのかもしれませんねw




                ところで余談ではありますが、日曜に友人とSBに出る予定です。
                前回同様、使用したデッキと試合レポートを書く予定。

                爆氷()

                0
                  公式で新弾の発売日とスペシャルXレア枠が発表されたところで更新。
                  案の定ドミニオン&インティだったので、殆どの人が予想的中したのでは…?w


                  という訳で、今回は新弾のXレアであるグレイザーについて考察。





                  爆氷(ばくひょう)の覇王(はおう)ロード・ドラゴン・グレイザー/The GlacialHero Lord-Dragon-Glazar
                  スピリット
                  8(3)/白/覇皇・戦竜
                  <1>Lv1 6000 <3>Lv2 9000 <4>Lv3 13000
                  【バースト:自分のライフ減少後】
                  自分の白のスピリットがいるとき、このスピリットカードを召喚する。
                  Lv1・Lv2・Lv3【重装甲:∞】
                  このスピリットは、相手のフィールドにあるシンボルの色の相手のスピリット/ブレイヴ/ネクサス/マジックの効果を受けない。
                  Lv2・Lv3『このスピリットのバトル時』
                  このスピリットが相手のスピリットを破壊したとき、破壊したスピリット以外の、
                  破壊したスピリットと同じ系統を持つ相手のスピリットすべてを手札に戻す。
                  シンボル:白


                  バースト召喚できるスピリットでは初となる重装甲持ち。
                  バースト召喚条件は少々限定的なので、基本的に白メインでの運用が主となるでしょう。
                  白にはマネキナウマンという優秀な召喚補助があるので、無理にバースト召喚を狙う必要がないのが利点。

                  相手の場のシンボルと同じ色という特殊な重装甲を持ち、スピリット、ネクサスの効果であれば殆どをシャットアウトできます。
                  しかしタッチマジックは防ぎにくいので、コロッセオなどの補助が重要。
                  シンボルを持たないブレイヴ効果も苦手ですが、召喚時効果さえ潰してしまえばあとはスピリットとして扱う効果のみなので、そこは巨大迷宮やジャノメで。
                  総じて、青と好相性な重装甲と言えるでしょう。

                  バトル時効果はバウンス版バリ・スターですが、Xレアの効果としては些か地味。
                  そもそも系統を揃えたデッキ自体がかなりの減少傾向にあるため、さしたる破壊力もなし。
                  そして肝心のBPも物足りない数値なので、無理に狙う程の価値は無いでしょう。


                  兎に角単体が難しいカードなので、環境に影響を与える可能性は限り無くゼロに等しい。
                  一言で言うならばハズレア。そのうち投げ売りされるでしょうから、シングル購入の時期は見極めて。

                  カード考察:覇王編4弾黄その2

                  0
                    お久しぶりでございます。
                    ちょっと身内に色々ありまして、予告無しで更新停止していたことを、まずはお詫び申し上げます。
                    ぼちぼち更新再開していこうと思いますので、今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。



                    さて、という訳で今回は黄です。



                    カピッパ/Capyppa
                    スピリット
                    1(1)/黄/戯狩
                    <1>Lv1 1000 <2>Lv2 2000
                    Lv1・Lv2『このスピリットの破壊時』
                    【光芒】/【魔光芒】を持つ自分のスピリット1体を回復させる。
                    シンボル:黄


                    グレムリーのほぼ上位互換。
                    LV1からになって発揮しやすくなり、0コア召喚できるので、非常に扱いやすくなりました。
                    コンボ前提の光芒魔光芒が前提の効果なので、汎用性はお察し。
                    一応、このカードとクージャLV3、光芒スピリット、最大軽減デッバラで、ライフが続く限りアタックできます。
                    まぁパーツ多すぎなんで、軽減を活かして序中盤を支える役目になるでしょうか。
                    それでも、タッチマジックの軽減のためにニジノコやモルフォ入れた方が便利だと思います。



                    呪術士リオ/The Shaman Rio
                    スピリット
                    3(3)/黄/導魔
                    <1>Lv1 2000 <3>Lv2 5000
                    シンボル:黄


                    闇魔女サブリナの完全下位互換。
                    他に何か書くことあります?



                    アマゾネス・ガール/Amazonis-Girl
                    スピリット
                    5(3)/黄/雄将・導魔
                    <1>Lv1 2000 <2>Lv2 3000 <3>Lv3 6000
                    Lv1・Lv2・Lv3【光芒】『このスピリットのアタック時』
                    バトル終了時、自分がこのバトルで使用したマジックカードすべては手札に戻る。
                    Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
                    ターンに1回、自分がマジックカードを使用したとき、
                    その効果発揮後、このスピリットは回復する。
                    シンボル:黄

                    アンブロの回復効果を備えた光芒。
                    回数制限があるので、ブーツでループにならないのが残念。
                    ケルベに対応するので、光芒デッキよりも黄軸グッドスタッフでお呼びがかかりそう。
                    ケルベ付けてクロークばなして6点や!

                    まぁしかし、高苗さんの導魔は半裸って方向性なんだろうか。
                    タランダとか意図的に下半身描いてないような気がするw
                    高苗さんマジ大友ホイホイ。



                    神獣セグー/The SacredBeast Seg
                    スピリット
                    5(3)/黄/想獣
                    <1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000
                    Lv1・Lv2
                    【光芒】/【魔光芒】を持つ自分のスピリットがアタックしている間、
                    フラッシュタイミングで自分の手札にあるバースト効果を持つマジックカードのコストを支払うことで、
                    バースト条件を無視してそのカードのバースト効果を発揮する。
                    シンボル:黄


                    手札のバーストマジックのバースト効果を、能動的に使えるスピリット。
                    ただし光芒スピリットのアタック時にしか発揮できず、しかもこのスピリット自身が光芒を備えていないので、扱いづらさは拭えません。
                    黄のくせにLV3がないのもマイナスポイント。



                    黄玉の女王フェルネイト/The TopazQueen Felneit
                    スピリット
                    7(3)/黄/導魔
                    <1>Lv1 4000 <2>Lv2 6000 <3>Lv3 7000
                    Lv1・Lv2・Lv3【光芒】『このスピリットのアタック時』
                    バトル終了時、自分がこのバトルで使用したマジックカードすべては手札に戻る。
                    シンボル:黄黄


                    光芒持ちダブルシンボル。
                    重いの一言ですが、他の宝石スピリットよりは扱いやすいかも?
                    ケルベとクロークで6点や!



                    ホルス・ジェッター/Horus-Jeter
                    ブレイヴ
                    5(黄2白2)/黄/雄将・戯狩
                    <1>Lv1 3000 <0>合体+3000
                    Lv1『このブレイヴの召喚時』
                    このターンの間、相手のスピリットすべてをLv1として扱う。
                    合体条件:覇皇/雄将/導魔
                    シンボル:黄


                    召喚時に相手全体にキャッツアイを放つブレイヴ。
                    合体は出来ないものの、シユウやタマモノインとの相性は抜群。
                    使い捨てマジックとしての採用も有りだと思います。



                    輝く三連王墓/The Range of Royal Crypts
                    ネクサス
                    3(1)/黄
                    <0>Lv1 <2>Lv2
                    Lv1・Lv2 フラッシュ『自分のアタックステップ』
                    自分の手札にあるマジックカード1枚を破棄することで、
                    このターンの間、自分のスピリット1体をBP+3000する。
                    Lv2『お互いのアタックステップ』
                    【光芒】/【魔光芒】を持つ自分のスピリットが相手によって破壊されたとき、このネクサスを疲労させることで、
                    破壊されたスピリット1体を疲労状態で自分のフィールドに残す。

                    シンボル:黄


                    BPパンプと光芒サポートネクサス。
                    手札で腐ったマジックを、コア消費無しでパンプマジックに変えられるので、マジックを多用するデッキでは、ささやかながら役立つでしょう。
                    LV2効果で光芒に破壊耐性を付けられるので、ほぼ光芒デッキ専用ネクサスと言っても過言ではないかと。
                    発揮コストが疲労であることを考えると、やはり維持コアが重いのがネックになるかと。



                    密林の秘境都市/The Unexplored City in Jungle
                    ネクサス
                    4(2)/黄
                    <0>Lv1 <2>Lv2
                    Lv1・Lv2
                    相手によって自分のデッキからバースト効果を持つカードが破棄されたとき、
                    そのカードを手札に加える。さらに、このターンの間、自分のデッキは破棄されない。
                    Lv2『自分のアタックステップ』
                    自分がマジックカードを使用したとき、その効果発揮後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果はターンに1回しか使えない。
                    シンボル:黄


                    デッキアウトメタと、マジック使用時にドローできるネクサス。
                    デッキアウトメタ効果が兎に角強力で、本来落ちるはずのヤマトやリュービや絶甲などを回収した上で、そのターン内のデッキ破棄を防げます。
                    この効果で回収したリュービで西郷を討ち取られると悶絶します。
                    レチクルやマジックハンマーにも対応できるのも高評価。

                    LV2効果は自分のアタックステップかつターンに一度なので、おまけとして覚えておく程度でいいと思います。
                    コアさえ確保できれば便利な効果なんですが。



                    ネフェルウアーブ/Nefer Uarbe
                    マジック
                    3(2)/黄
                    【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
                    Lvを1つ指定する。このターンの間、
                    指定したLvの相手のスピリットすべては効果すべてを失い、新たに得ることもない。
                    その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
                    フラッシュ:
                    このターンの間、スピリット1体をBP+3000する。


                    バースト版ハープ。
                    自分のスピリットを犠牲にする必要がありますが、LV指定でテキストを消せます。
                    能動的な発動ができないので、ハープとはまた違った役割を担うことになりそう。
                    軽減やフラッシュのパンプ効果を考えると、やはり2コストビートが採用筆頭でしょうか。





                    ・総評
                    こちらも全体的に控えめな調整になっていますね。
                    ちょっとの強化で環境に混ざれるという、惜しいカードばかりです。
                    まぁこれまでがおかしいと言われればそれまでなんですが…w


                    それでは今回はこの辺で。

                    カード考察:覇王編4弾白その2

                    0
                      前回の記事の通り、前口上は省略。



                      トドール/Todorl
                      スピリット
                      3(3)/白/機獣
                      <1>Lv1 1000 <3>Lv2 6000
                      シンボル:白


                      コスパの高いバニラ。
                      ただ白のコスト3は激戦区なので、このスピリットが採用されるには今一つ何か足りない感じ。



                      豊穣の女神ゲフィオン/The FertileGodess Gefion
                      スピリット
                      4(2)/白/氷姫
                      <1>Lv1 3000 <2>Lv2 5000
                      Lv1・Lv2【氷壁:緑/白】『相手のターン』
                      相手が緑/白のマジックの効果を使用したとき、このスピリットを疲労させることで、その効果を無効にする。
                      Lv2『相手のアタックステップ』
                      【氷壁】を持つ自分のスピリットすべては、疲労状態でブロックできる。
                      シンボル:白


                      さながら小型ヴォルスといったところ。
                      氷壁と疲労ブロックは非常に相性が良いので、手薄になりがちなライフ防衛に一役買ってくれそう。
                      あっさり焼かれるBPなので、ホクブレやVWDと組み合わせたいですね。



                      レールガンフィッシュ/Railgunfish
                      スピリット
                      5(3)/白/空魚・機獣
                      <1>Lv1 3000 <2>Lv2 7000
                      【合体時】Lv2『自分のエンドステップ』
                      このスピリットのブレイヴ1つを手札に戻すことができる。
                      シンボル:白


                      このスピリットのブレイヴをバウンスできるスピリット。
                      恒常的に召喚時効果を使い回せるので、フェニキャやヒョウ・カッチューなどとは好相性。
                      次のターンに北斗で召喚すれば、いいアド源になれそうです。
                      まぁ、ブレイヴ使い回したいならバラガンで足止めしつつの再利用の方が応用力高いですけどね。
                      バラガン北斗って流行らないのかなぁ?



                      レッド・エイリーク/Red-Erik
                      スピリット
                      6(3)/白/雄将・機人
                      <1>Lv1 5000 <2>Lv2 7000 <4>Lv3 9000
                      Lv1・Lv2・Lv3『お互いのアタックステップ』
                      ステップ開始時、自分の手札にあるブレイヴカード1枚を、
                      コストを支払わずに召喚できる。
                      ただし、『このブレイヴの召喚時』効果は発揮されない。
                      【合体時】Lv2・Lv3『このスピリットのバトル時』
                      BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき、
                      破壊したスピリット1体をデッキの上に戻すことができる。
                      シンボル:白


                      お互いのアタックステップ開始時に、手札のブレイヴをノーコスト召喚できるというもの。
                      ただし召喚時効果は発揮されないので、あくまでもコア節約にしかなりません。
                      他色ブレイヴを採用しやすくなるので、ケルベシユウなどが使いやすく。

                      そして合体時効果はやや強力。
                      フェニキャやフェニクソを使ってもりもりトップバウンスしていきましょう。
                      ただブレイヴ召喚効果とは噛み合ってないという…北斗と方が(ry



                      金剛戦艦ドレッドノーグ/The DiamondBattleship Drednorg
                      スピリット
                      7(3)/白/空魚・機獣
                      <1>Lv1 4000 <3>Lv2 8000
                      Lv1・Lv2【重装甲:赤/紫】
                      このスピリットは、相手の赤/紫の
                      スピリット/ブレイヴ/ネクサス/マジックの効果を受けない。
                      シンボル:白白


                      VWD内蔵スピリット。
                      ヤマトに焼かれないとは言え、ちょっとBPが低すぎるかな。
                      ナウマンシティーで出せるのは他の宝石スピリットには無い利点ですが、単体でサンクに勝てないのは…。
                      まぁシルバーライムよりは使いやすいとは思いますが。



                      最果ての大地/The Faraway Ground
                      ネクサス
                      4(2)/白
                      <0>Lv1 <2>Lv2
                      Lv1・Lv2『お互いのアタックステップ』
                      相手のバーストが発動したとき、相手は、
                      相手のリザーブのコア2個を相手のトラッシュに置かなければ、
                      その効果を発揮できない。
                      Lv2
                      系統:「機獣」を持つ自分のスピリットが相手によって破壊されたとき、
                      破壊されたスピリット1体を手札に戻す。
                      シンボル:白


                      バーストメタと機獣サポートネクサス。
                      発揮にリザーブから2コアを要求するので、相手の動きを大きく制限できます。
                      リザーブにコア2個=重要なバーストという読みが可能になりますが、それでも踏む時は踏むのがバースト。
                      五芒星の城との相性は抜群で、ほとんどの場面でバーストを封殺できます。

                      LV2は機獣破壊時に手札に戻す効果ですが、召喚時効果を持つ機獣はアースガルドぐらいなので、破壊時効果持ちのチャンプアタック後に再利用する形になるでしょう。
                      白ブレイヴは機獣が多いので、スピリット状態で破壊された時の保険にはなるかもしれません。
                      まぁあくまでもLV1・2効果のオマケとして頭の隅に入れておくぐらいでいいと思います。



                      フリージングパリィ/Freezing Parry
                      マジック
                      3(3)/白
                      フラッシュ:
                      このバトルの間、ブロックしている自分のスピリットが破壊されたとき、
                      そのスピリットを疲労状態で自分のフィールドに残す。


                      ブロッカーに破壊耐性を付与するマジック。
                      言うまでもなく疲労ブロッカーとの相性は抜群。
                      効果破壊にも対応しているので焼かれるも無く、復帰にコストを必要としないので、状況によってはサイレントウォール以上の働きをします。
                      アタックそのものは止まらないのは、この手のカードの宿命。



                      クヴェルドウールヴ/Kveldulfr
                      マジック
                      4(白1緑1)/白
                      【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
                      自分のトラッシュにあるブレイヴカード1枚を手札に戻す。
                      その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
                      フラッシュ:
                      自分の手札にある赤/緑/白のブレイヴカード1枚を、コストを支払わずに召喚する。


                      ブレイヴサポートバーストマジック。
                      バースト効果でブレイヴを回収し、フラッシュ効果でブレイヴ召喚して召喚時効果発揮、という流れが理想的。
                      色が限定されているのは、サンダ・バードによる使い回しを防ぐためですかね。
                      赤ですとアケラン、フェニック系、緑はマネキキャットやヒョウ・カッチュー、白なら各種装甲ブレイヴ。
                      装甲ブレイヴは相手に合わせてメインで貼り付けることが多いので、赤や緑による穴開けや追撃の方が相性は良いでしょう。
                      両者の効果が上手く噛み合った優良バーストと言えるでしょうね。



                      神狼機獣ラグナ・フェンリル/The WolfMachineDeity Ragna-Fenrir
                      スピリット
                      8(3)/白/機獣
                      <1>Lv1 7000 <3>Lv2 12000
                      Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
                      相手のスピリットすべては、次の『相手のリフレッシュステップ』で回復できない。
                      【合体時】Lv1・Lv2
                      このスピリットは、さらに、シンボルを持たないブレイヴ1つと合体できる。
                      【合体時】Lv2『このスピリットの合体アタック時』
                      このスピリットのブレイヴ1つにつき、相手のスピリット/ネクサス1つを手札に戻す。
                      シンボル:白


                      少し条件の付いたダブルブレイヴ。サッポロォ…。
                      召喚時効果で相手の攻撃テンポを崩し、ダブルブレイヴで蹴りを付ける…そのコンセプトは分かるのですが。
                      何より選択肢の狭さが足を引っ張ってますね。
                      トリプルシンボルになれないわ、系統も恵まれてないわで、ロマンも強さもサッポロには遠く及ばない。
                      せめて雄将を持っていればまだマシにはなったんですがね…。
                      私はハズレだと思います。





                      ・総評
                      ガッツリブレイヴ推しですね。
                      物語的には、異界見聞録→覇王編→星座編のようなので、ブレイヴが弱いのはそのせいでしょうか。
                      この調子でブレイヴサポートが充実すれば、ブレイヴデッキの復権もあるかもしれませんね。
                      まぁその場合は蜂リュービに木星北斗突っ込んだ緑か、マネキレオに北斗ワンエイリークを絡めた白でしょうか。
                      どちらにしても、今のカードプールではトップ争いに参加するのはまだ厳しいかも。


                      では今回はこの辺で。

                      カード考察:覇王編4弾緑その2

                      0
                        今回から前口上省きまーすww
                        理由?えっとね、メンドクサーイ☆ウフフッ☆



                        テリムック/Terimuck
                        スピリット
                        0(0)/緑/歌鳥
                        <1>Lv1 2000 <8>Lv2 4000
                        シンボル:緑


                        あのね、8コア4000とか一体何を考えてるのかと。
                        0コストが欲しいなら他を優先しましょう。



                        ジラッフィー/Giraffer
                        スピリット
                        1(0)/緑/遊精
                        <1>Lv1 1000 <2>Lv2 3000
                        Lv1・Lv2『このスピリットの破壊時』
                        相手は、相手のスピリット1体を疲労させる。
                        シンボル:緑


                        劣化はぐれシャ・ズー。
                        強いて利点を挙げるなら、3コアLV2で3000という点ぐらい。
                        ただこの手のスピリットがBP高くても意味無いんで…。



                        ピクシーファルコ/Pixiefalco
                        スピリット
                        2(2)/緑/爪鳥
                        <1>Lv1 2000 <3>Lv2 3000
                        Lv2『このスピリットのアタック時』
                        このスピリットのアタックで相手のライフが減ったとき、
                        相手はバーストを発動できない。
                        シンボル:緑


                        ライフ減少時バーストメタ。
                        相手ライフ4の時にこのスピリットでアタック→トリプルシンボルでアタックすれば、ヤマトを封じ込められるかもしれません。
                        まぁデルタバリアやブリザードウォールが流行ってるので、結局出る時は出る。
                        維持コア3というのもやや重い。



                        エレステラ/Elestera
                        スピリット
                        4(2)/緑/遊精
                        <1>Lv1 3000 <2>Lv2 4000
                        Lv1・Lv2『このスピリットのアタック時』
                        ボイドからコア1個をこのスピリットの上に置く。
                        Lv2『自分のエンドステップ』
                        このスピリットの上のコア1個を自分のトラッシュに置くことで、
                        このスピリットは回復する。
                        シンボル:緑


                        自力で回復できるバットホッパー。
                        今更こんなカードが出る辺り、バットホッパーが使われない理由を履き違えているんでしょうか?
                        そのバットホッパーでさえ、ターザニア・グレートという強力なバックアップを得たのに、今更コスト4で出す理由が分からないです。
                        回復効果持たせるならばラッキーウィやデルファングスのように、ブロック時にもコアブーストできた方が良い。



                        ジャドバルジャー/Jadobaljar
                        スピリット
                        5(5)/緑/雄将・剣獣
                        <1>Lv1 7000 <2>Lv2 10000 <4>Lv3 12000
                        このスピリットカードは疲労状態で召喚する。
                        Lv1・Lv2・Lv3
                        このスピリットは効果の記述を持たないスピリットとして扱う。
                        シンボル:緑


                        まwwwりwwwもwww
                        実質召喚酔いするバニラ。
                        その分BPは非常に高く、フル軽減でノーコスト召喚できるのも利点。
                        実質バニラなので、アルファズルと合体してブロッカーにしてしまうのも手。
                        ブレイヴで15000を超えられるのは、現環境では大きな利点。ただ召喚酔いが…w



                        大牙帝ビャクガロード・ソンケン/The FangEmpror Byakgalord-Sonken
                        スピリット
                        7(3)/緑/雄将・華兵
                        <1>Lv1 8000 <3>Lv2 10000
                        Lv1・Lv2
                        【暴風】を持つ自分のスピリットすべてに
                        "『このスピリットのアタック時』相手はバーストを発動できない"を与える。
                        Lv2『このスピリットのアタック時』
                        このスピリットがブロックされたとき、相手のスピリット2体を疲労させる。
                        シンボル:緑緑


                        暴風にバースト封じを持たせるダブルシンボル。
                        暴風持ち全てに配れるのは強力なのですが、自身が暴風を持ってない辺りに悪意を感じますね。
                        シングルシンボルでいいから暴風が欲しかったところです。
                        この程度しか書けないXレアってなんなの…ニャルラ並の話題性の少なさなんですけど。



                        黒炎(こくえん)の覇王(はおう)ダーク・ドラゴン・バゼル/The InfernoHero Dark-Dragon-Bazzel
                        スピリット
                        7(3)/赤/覇皇・戦竜
                        <1>Lv1 5000 <3>Lv2 7000 <5>Lv3 12000
                        【バースト:自分のライフ減少後】
                        このスピリットカードを召喚する。
                        Lv2・Lv3
                        バースト条件が【相手の『このスピリット/ブレイヴの召喚時』発揮後】の自分のバーストは、
                        【相手による自分のスピリット破壊後】にも発動できる。
                        Lv3『自分のバースト発動後』
                        相手のブレイヴ/ネクサス、どちらか1つを破壊する。
                        シンボル:赤


                        危うく記憶から葬りかけたキャンペーンカード。
                        召喚時バーストのトリガーを増やす効果を持ち、十紋刃や燕返の使い勝手を向上させてくれます。
                        太陰の宮廷を併用すると、召喚時効果、ライフ減少、スピリット破壊で召喚時バーストを使えるので、かなり回避困難な状況を作れます。
                        更には、バースト発動後にネクサスかブレイヴを割れるので、なかなか使い勝手の良いスピリット。
                        バゼルデッキの新たなキーカードになれそうです。



                        獣の楽園/The Beast Paradise
                        ネクサス
                        3(2)/緑
                        <0>Lv1 <2>Lv2
                        Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
                        Lv1の自分のスピリットすべてをBP+2000する。
                        Lv2『自分のエンドステップ』
                        自分のスピリットすべてを回復させる。
                        シンボル:緑


                        速攻向きの賢者タイム。
                        コストも維持コアも軽く、扱いやすいネクサスでしょう。
                        前半の効果は数を展開するデッキほど効果を発揮します。



                        聖者の樹の実/The Fruit of Saint Tree
                        ネクサス
                        4(2)/緑
                        <0>Lv1 <1>Lv2
                        Lv1・Lv2『相手のアタックステップ』
                        相手のスピリットによって自分のライフが減ったとき、
                        ボイドからコア1個を自分のリザーブに置く。
                        Lv2『相手のメインステップ』
                        相手がマジックカードを2回以上使用したとき、
                        その効果発揮後、相手のメインステップを終了する。
                        シンボル:緑


                        賢者の樹の実とナイト・ゴーンを足して割ったようなネクサス。
                        後半の効果は露骨な姫ループメタ。
                        前半効果の汎用性も相まって、引いたらとりあえず張っておくだけでも仕事をするのが利点。



                        ワイルドウィング /Wild Wing
                        マジック
                        2(1)/緑
                        フラッシュ:
                        自分のスピリットの体数が相手のスピリットの体数以上のとき、
                        このターンの間、自分のスピリットすべてをBP+3000する。


                        全体パンプマジック。
                        これ一枚で全てのスピリットを強化できるので、コスパは良好。
                        ただし、自分のスピリット数が相手を上回っている必要があるので、なかなかに使いどころに迷うカードでもあります。
                        そもそも数が重要な速攻では、わざわざこのカードに割くスロットがあるかどうかが疑問。
                        どちらかというと、激突デッキの方が需要があるかもしれません。



                        ウォークライ/War Cry
                        マジック
                        4(2)/緑
                        【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
                        Lv1のスピリットすべてを疲労させる。
                        その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
                        フラッシュ:
                        Lv2のスピリットすべてを疲労させる。


                        レベル指定の無差別疲労バーストマジック。
                        これ一枚でLV2以下全てを疲労させられるので、非常に奇襲性の高いカード。
                        その代わり自分のスピリットも疲労してしまうので、防御札としての運用が主になるでしょうか。
                        ただ、バースト条件があまり環境と噛み合ってないかなというのが正直なところ。
                        ライフ減少時ならば蜂メタになり得たのに…残念。
                        ウィニーに対しても、条件が満たせずに腐ってしまうことが多そう。



                        総評としては、まぁ悉く的を外しているなと。
                        特にスピリットは酷い。格ゲーだったらちゃんと画面見ろって煽られるレベル。つまり的を見てすらいないように見える。
                        ターザンはとりあえず3枚揃えたいですが、他は別に無理して買いたくないです。
                        強いて挙げるなら、ライ・シュウユとまりもとソンケンぐらい。別に無くても困らないんで。

                        ネクサスとマジックは惜しいの一言。
                        聖者が的にかすったぐらい。

                        ギョクジーグは悪くないですが、合体条件…。

                        酷評だらけの緑でした。

                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << October 2014 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM